デイトジャスト

DateJust

デイトジャストが世界初の小窓に日付が自動的に現れる腕時計として登場したのは1945年頃。シンプルな機構だが、それゆえ視認性が高くトラブルも少ない。その実用性の高さは、現在のデイト付き腕時計が、ロレックスと同じデザインに集約されていることで証明されている。

なお、デイトジャストの日付は、カムとスプリングを高度に組合わせることにより、夜12時になると瞬時に切り替わる。数時間かけてゆっくりと表示が切り替わる他社製品との違いは歴然だ。

デイトジャスト

デイトジャストの魅力

腕時計のスタンダードとなる日付表示

3時付近にある小窓で日付を表示する機構を、ロレックスは"デイトジャスト"と命名し、モデル名として採用した。

それは1940年代中頃の出来事だった。もちろん、それまでにも日付を表示する機能は存在していた。が、それは文字盤外周のスケールに記された別の日付目盛りを針で指し示すもの。つまりポインターデイトだった。時計内の小窓で日付を表示するという発想は、視認性の高さといい、デザイン的な自由度といい、画期的は発明だった。

ロレックスは、このデイトジャストデイトジャストとは実用時計の頂点を極めることになる。以来、この方法による日付表示は腕時計のスタンダードになっていった。

腕時計の実用性を追求した第三の"革新"

1926年に開発したオイスターケース(防水機構)や1931年に開発したパーペチュアル(自動巻き機構)は、懐中時計と違って、風雨などの外気に晒され、腕にはめながらつねに振られているという腕時計の基本特性に着目した技術革新だった。

そして、これらに続くロレックス第三の革新がデイトジャストである。これは3時付近の小窓表示により、ひと目で日付が確認できる機能で、当時はムーブメントと文字盤の間に、歯車のついたカレンダーディスクを1枚差し込むというシンプルなものだった。

この機能により初めて「オイスター・パーペチュアル・デイトジャスト」という現在のロレックスのフラッグシップモデルの原点が誕生する。そして、これらの革新はすべて現在の腕時計のスタンダードになっていることは注目に値するだろう。

その後、日付のクイックチェンジ機能を搭載するなどの改良を加え、さらに曜日表示も付加したデイデイトを発表し、今日のロレックス王国の根幹を築いていった。

デイトジャスト基本スペック

タイプ メンズモデル/レディースモデル/ボーイズモデル
ムーブメント 自動巻き
防水 100m防水
ケース経 36mm
素材 ステンレススチール・ステンレススチール/イエローゴールド・ステンレススチール/ホワイトゴールド
ダイヤル グリーンフラワー・グレーサンビーム・シルバーフラワー・ピラミッド・ピンクフラワー・ブラウンフラワー・ブロンズフラワー・灰・金・金サンビーム・金彫・銀・銀/灰・銀コンセントリック・銀フラワー・銀青・銀彫・黒・黒/銀・黒コンセントリック・黒サンビーム・黒シェル・黒デコレート・黒彫・青・青コンセントリック・青黒・青彫・茶・茶フラワー・桃・桃ウェーブ・桃シェル・桃フラワー・桃彫・白・白シェル
ブレスタイプ オイスターブレス・ジュビリーブレス
風防 サファイヤクリスタルガラス
振動数 28800振動
価格帯 \614,250~\1,638,000
愛用者 小池徹平(Ref.16000)・川田広樹(Ref.16234)安田美沙子(Ref.179171)木梨憲武(Ref.116234NG)板野友美(Ref.179174NG)藤本敏史(Ref.116200)市村正親(Ref.116139)今井翼(Ref.116264)

現行モデル

デイトジャスト Ref.116200

モデル Ref.116200
ダイヤル 銀・黒・青・白・桃・青ローマ・白ローマ・桃ローマ・灰ローマ・黒ローマ・黒彫ローマ・青彫ローマ・黒サンビームローマ・黒コンセントリック・青コンセントリック・銀コンセントリック・銀フラワー・桃フラワー・茶フラワー・黒/銀・銀/灰
ケース素材 ステンレススチール
ブレス素材 ステンレススチール
ベゼル ポリッシュベゼル
ケース径 36mm
ケース厚 12mm
重量 125g
製造期間 2006年~
定価 ¥621,000

デイトジャスト Ref.116234

モデル Ref.116234
ダイヤル 銀・黒・青・白・桃・青ローマ・白ローマ・桃ローマ・灰ローマ・黒ローマ・黒彫ローマ・青彫ローマ・黒サンビームローマ・黒コンセントリック・青コンセントリック・銀コンセントリック・白アラビア・黒彫りアラビア・銀青アラビア・青黒アラビア・黒/銀・銀/灰・シルバーフラワー・ブラウンフラワー・ピンクフラワー
ケース素材 ステンレス+ホワイトゴールド
ブレス素材 ステンレススチール
ベゼル フルーテッドベゼル
ケース径 36mm
ケース厚 12mm
重量 115g
製造期間 2005年~
定価 ¥750,600

デイトジャスト Ref.116231

モデル Ref.116231
ダイヤル 桃・黒・銀・白ローマ・桃ローマ・灰ローマ・黒ローマ・黒サンビームローマ・黒コンセントリック
ケース素材 ステンレス+ピンクゴールド
ブレス素材 ステンレス+ピンクゴールド
ベゼル フルーテッドベゼル
ケース径 36mm
ケース厚 12mm
重量 135g
製造期間 2005年~
定価 ¥1,069,200

デイトジャスト Ref.179174

モデル Ref.179174
ダイヤル
ケース素材 ステンレス+ホワイトゴールド
ブレス素材 ステンレススチール
ベゼル フルーテッドベゼル
ケース径 26mm
ケース厚 10.5mm
重量 68g
製造期間 2005年~
定価 ¥707,400

旧モデル

Ref.1600

現行へと生き続ける基本デザイン

デイトジャストで一番ベーシックなSSポリッシュドベセルのライン。現行へと続く基本デザインが、すでにこの時代に確立されていた。風防がプラスチックのため、アンティークだと細かい傷がたくさん付いていることがある。

Ref.16200

精度の安定性が向上

別体型フラッシュフィットや、バーインデックスの先に付いた夜光など、現行デイトジャストよりも、実は先代ref.1600に近かったことは明らか。とはいえ、ムーブはCal.3135へと進化しており、精度の安定性は向上している。

Ref.116200

ラグが広がり高級感も高まった

ドレス系で最も認知度の高いデイトジャスト。インデックスはバーの中に夜光が入る仕様となり、文字盤外周のフランジにはぐるりと、ロレックスの割印が入る(刻印無しのモデルも流通)。ラグが広がって高級感も高まった。

Back to Top