ヨットマスター

Yachtmaster

ラグジュアリーなスポーツウォッチであるヨットマスターは、本格スポーツ仕様のサブマリーナとは一線を画する。

高いステイタス性と存在感のあるデザインは、多くのセレブリティの遊び心を魅了し続けている。

ヨットマスター

ヨットマスターの魅力

ヨットやクルーザーを楽しむセレブを対象にしたモデル

ダイバーズモデルではなく、ヨットやクルーザーを楽しむセレブを対象に1992年に発表されたのがヨットマスター。サブマリーナ同様、幅分まで1分刻みの目盛りが入った逆回転防止ベゼルを搭載しているが、サブマリーナと異なるのは、目盛りが立体的なレリーフになっている点。防水性能は100m。文字盤には、ヨットマスターというモデル名のみが赤く表示されている。

もともと金無垢とコンビのみのラインナップだったが、1999年にロレジウムが加入。ベゼルとダイヤルにプラチナを使用したオールシルバー色のボディに、秒針のレッドが鮮烈な印象を与えた。ムーブメントはサブマリーナと同じCal.3135。

ヨットマスターの誕生

1950年代にサブマリーナ、エクスプローラーと、立て続けにスポーツモデルを世に送り出してきたロレックスだが、1970年代以降は既存ラインのモデルチェンジのみで、新シリーズの動きはしばらく鎮静化していた。そのロレックスに久々のニューシリーズが登場したのが1992年。バーゼルフェアでヨットマスターが華麗なデビューを飾り、ロレックス・ファンを大いに喜ばせた。

"高級スポーツウォッチ"として誕生したヨットマスターは、ゴージャスなオール金無垢仕様で、回転ベゼルが立体感を際立たせ、水深100mの防水性能を搭載していた。その後、翌年にイエローゴールドとステンレススチールのコンビネーション「ヨットマスターロレゾール」を発表。このロレゾールとは、ロレックス+SS+OR(フランス語でゴールドのこと)を合成した造語である。

さらに翌年にはレディスサイズが加わったため、メンズ、ボーイズ、レディスの3サイズが、それぞれにラインアップされるようになった。そして翌年には、全身シルバーの「ヨットマスターロレジウム」(ロレックス+SS+PLATlNUMの造語)が加わり、全3タイプが揃い踏みとなった。

ヨットマスター基本スペック

タイプ スポーツモデル/レディースモデル/ボーイズモデル
ムーブメント 自動巻き
防水 100m防水
ケース経 40mm
素材 ステンレススチール/イエローゴールド・イエローゴールド・ステンレススチール/プラチナ
ダイヤル 金・青・灰・白・黒シェル・銀
ブレスタイプ オイスターブレス
風防 サファイヤクリスタルガラス
振動数 28800振動
価格帯 \2,959,200~\1,058,400

現行モデル

ヨットマスター Ref.116622

モデル Ref.116622
ダイヤル
ケース素材 ステンレス+プラチナ(ロレジウム)
ブレス素材 ステンレススチール
ベゼル 回転ベゼル
ケース径 40mm
ケース厚 12.5mm
重量 155g
製造期間 2012年~
定価 ¥1,166,400

ヨットマスター Ref.16623

モデル Ref.16623
ダイヤル 金・青・灰・白
ケース素材 ステンレス/イエローゴールド
ブレス素材 ステンレス/イエローゴールド
ベゼル 回転ベゼル
ケース径 40mm
ケース厚 12.5mm
重量 145g
製造期間 2004年~
定価 ¥1,220,400

ヨットマスター Ref.116622

モデル Ref.169622
ダイヤル プラチナ
ケース素材 ステンレス+プラチナ(ロレジウム)
ブレス素材 ステンレススチール
ベゼル 回転ベゼル
ケース径 29mm
ケース厚 11mm
重量 80g
製造期間 1999年~
定価 ¥788,400

ヨットマスター Ref.169623

モデル Ref.169623
ダイヤル
ケース素材 ステンレス/イエローゴールド
ブレス素材 ステンレス/イエローゴールド
ベゼル 回転ベゼル
ケース径 29mm
ケース厚 11mm
重量 75g
製造期間 1999年~
定価 ¥842,400
Back to Top