オーバーホールと修理

Overhaul

オーバーホール

オーバーホール

どんなに状態が良いロレックスであっても、ムーブメント内の油は経年変化で汚れ、粘りが出たり揮発してしまう。故障や狂いがないからといって、オーバーホールを怠るとパーツは磨耗し、確実に腕時計自体の寿命を縮めてしまうのだ。磨耗したパーツを交換するとなると、オーバーホールの倍以上の料金がかかることもあり、そういったことも含めて定期的なオーバーホールは必要不可欠な作業だといえる。→詳しくは

故障してからではもう遅い。オーバーホールが必要な理由

故障してからではもう遅い。オーバーホールが必要な理由

愛用のロレックスを何年もメンテナンスをせずに使い続けていくとどうなってしまうのか。特に問題なく動いているからと、何年もたいしたメンテナンスをせずに使い続けてはいないだろうか?そのようなロレックスへの過信は、確実に愛用のロレックスの寿命を縮めてしまう。→詳しくは

ロレックスが動かなくなったら磁気帯びの可能性も

ロレックスが動かなくなったら磁気帯びの可能性も

定期的なオーバーホールを行っていたり、特に強い衝撃を与えず、丁寧にロレックスを扱っていても、突然精度が悪くなったり止まってしまうことも。そのような場合は磁気が原因かもしれない。ここでは磁気がロレックスにどのような悪影響を与えるか、そしてその回避方法などを紹介する。→詳しくは

故障してしまったら

故障した場合の自己解決方法

ロレックスのトラブルの中には自分で解決できることと、業者に頼らないといけないことが存在する。ここでは様々なトラブルとその解決策を紹介する。→詳しくは

故障例と修理費用の一例

故障例と修理費用の一例

ここではよくある症状とその原因をまとめているが、頑強なため不具合が実感しにくいロレックスでは、こうしたトラブルに気付いたときには、ほかの腕時計以上に大きな問題に発展しているということも少なくない。信頼性の高いロレックスこそ、定期的なメンテナンスが重要。もし、思い当たる節があるなら、早急にプロのメンテナンスを受けたほうが良いだろう。→詳しくは

オーバーホールや修理はどんなところに依頼したらよいか

オーバーホールや修理はどんなところに依頼したらよいか

丈夫なロレックスといえど、メンテナンスは欠かせない。とはいえ、できることならメンテナンスにかかる費用を少しでも抑えたいというのは、偽らざる本音だろう。実はメンテナンスをどこに依頼するか、さらに腕時計のコンディションやメンテナンスの方法、あるいは購入先によってもかかる費用は変わってくる。→詳しくは

オーバーホールを行う前に知っておきたい6つのポイント

オーバーホールを行う前に知っておきたい6つのポイント

特に初めてオーバーホールを行う場合は不安な点が多いと思う。そのような人にオーバーホールを行う前に知っておきたい6つのポイントを紹介する。お気に入りのロレックスを末永く使用できるように、このページを精読して適切なオーバーホールを行おう。→詳しくは

国内正規店でオーバーホールを断られる場合

国内正規店でオーバーホールを断られる場合

日本ロレックスでの修理やオーバーホールは、正規販売店で買ったものでなくても並行品や海外で買ったものであっても受け付けてくれる。ただし例外もある。ここでは正規販売店でオーバーホールや修理を断られるケースを紹介する。。→詳しくは

Back to Top