エクスプローラーⅠ

EXPLORER I

エクスプローラーⅠは探検家用としてロレックスが開発したモデル。シンプルなデザインで、どんなシーンにもマッチするスポーツロレックスの基本ともいえるモデル。黒の文字盤は抜群の視認性を誇る。そのシンプルで控えめな外見と対照的に、ハードな仕様にも耐えうる堅牢な構造を有している。

エクスプローラーⅠ

エクスプローラーⅠの魅力

挑戦魂を掻き立てる究極の冒険ウォッチ

1953年5月、ロレックスの腕時計をつけたエドモンドヒラリー卿が属する英国遠征隊が世界初のエベレスト登頂に成功。このビックニュースが世界を駆け巡った同じ年、エクスプローラーが誕生する。

実際にはヒラリー卿が携行していたのはロレックスのオイスターモデルだったが、「探検家」の名を持つエクスプローラーが、この世界的快挙と重ねて語りつがれるようになったのはごく自然な流れだったかもしれない。

エクスプローラーⅠの誕生

エクスプローラーⅠは、ロレックスの特殊機能ウォッチとして1953年に登場。そのネーミング通り、探検家(エクスプローラー)をイメージして開発されたモデルである。

ブラックダイヤルに3、6、9のアラビア数字と12時位置に三角マークを配した視認性を重視したシンプルなデザイン、そして屈強なステンレス製のボディ。誕生当初からこの基本スタイルはほとんど変わることなく、”正確な時間″のみを表示するという一点に徹している。

探検家のイメージを継承しながら進化

1953年に登場したサブマリーナと同様、ロレックスの特殊モデルとして誕生したのがエクスプローラーだった。しかし実のところ、エクスプローラーのファーストモデルについては数モデルの候補があり、いまだ黎明期については明確ではない。

Ref.6150

現在、最も有力なのが、1953年に登場した、Ref.6150を初代とする説だ。ブラック文字盤に3,6,9のアラビア数字、12時位置の逆三角形マーク、ベンツ針、文字盤に記されたExplorerの文字など、エクスプローラーの基本スタイルを定義づけたのが、このモデルだった。

だが、このRef.6150には、フルバック最終タイプのキャリバーA296が搭載されており、裏蓋の膨らみやベゼルが一段高くなっている点など、横顔は完全にセミバブル特有のシルエットを見せていた。エクスプローラーがバブルバックから独立し、より現在のスタイルに近い形として登場するのは1950年半ばだった。

Ref.6610は、当時ロレックスが開発した両方向回転巻き上げ式のCal.1030を搭載し、1950年代を代表する主流モデルとなっていった。

Ref.6610

さらに1960年代に入ると、ロングセラーのRef.1016が登場する。初期モデルの特徴だった文字盤外周のサークルラインが消え、インデックスの色も金色から白色になるなど、スポーツモデルらしい精悍な顔つきへと進化した。

Ref.1016 後期モデルの誕生

Ref.1016

翌年にはリューズを引くと秒針が止まるハック機能が付加され、一般にこれ以降をRef.1016の後期モデルと呼んでいる。ちなみに、アンティーク市場で人気が高いのが、1988年に生産中止になる直前の後期型の最終モデルだ。

Ref.14270

その後エクスプローラーは、1990年代にCal.3000を積んだRef.14270、2001年にCal.3130を搭載したモデルへと進化。

大きくなった7代目 Ref.214270

Ref.214270は、2010年にリニューアル登場を果たした第7代目。最大の特徴は36ミリから39ミリヘとサイズアップが図られたことだ。デ力厚傾向がトレンドという背景のなか、36ミリだとボーイズサイズの感覚に近い。その意味では、大きすぎることもなく絶妙なサイズ感として高い評価を得ている。

このサイズ変更以外にも、パラクロムヒゲゼンマイに加えて、対震装置であるパラフレックスショック・アブソーバも新たに装備されるなど、冒険家向けとしての性能はかなりブラッシュアップされたといえるだろう。

防水性能は90年代に50mから100mへとバージョンアップ。現在も他のバリエーションはなくステンレススチール製の1アイテムのみである。

エクスプローラーⅠ基本スペック

タイプ スポーツモデル
ムーブメント 自動巻き
防水 100m防水
ケース経 39mm
素材 ステンレススチール
ダイヤル
ブレスタイプ オイスターブレス
風防 サファイヤクリスタルガラス
振動数 28800振動
価格帯 \621,000
愛用者 草彅剛・岡村隆史・長瀬智也(Ref.1016)徳井義実・矢部浩之・亀梨和也・浜田雅功・木村拓哉・中居正広・遠藤章造・大沢たかお・高倉健(Ref.214270)

現行モデル

エクスプローラーⅠ Ref.114270

モデル Ref.214270
ダイヤル
ケース素材 ステンレススチール
ブレス素材 ステンレススチール
ベゼル ポリッシュベゼル
ケース径 39mm
ケース厚 11.3mm
重量 137g
製造期間 2010年~
定価 ¥621,000

 

旧モデル

Ref.6150

エクスプローラーの基本デザインが確立された初代

バブルバック最終タイプのCal.A296を搭載したセミバブル。1953年登場。ブラック文字盤に3,6,9のアラビア数字、12時位置の三角形というエクスプローラーの基本スタイルを確立した初期モデルでもある。

Ref.6610

Cal.1030を搭載した1950年代の主流モデル

1950年代中期に登場した第2世代。ロレックスがこの頃開発した、世界で初めての両方向回転巻き上げ方式の自動巻きムーブメントCal.1030が搭載された。金色のインデックスやサークルラインなどは第1世代と同様だ。

Ref.1016(前期)

よりスポーツモデルらしい精悍さが加わった

1960年代になって登場したのが、エクスプローラーの不動のイメージを決定づけたRef.1016である。前モデルとの大きな変更点は、インデックスが金色から白色に変わり、文字盤外周のサークルラインがなくなった点だ。

Ref.1016(後期)

ハック機能を搭載したロングセラーモデル

リューズを引くと秒針が止まるハック機能が1972年から装備されるようになった。これ以後を一般的に、Ref.1016の後期モデルと呼んでいる。前期に比べ、文字盤がややツヤ消しのグレーがかったブラックになっているのが特徴。

Ref.14270

1990年に完成したハイビートムーブを内蔵

エクスプローラーは1988年に一旦生産中止となるが、1990年に新たに登場。ムーブメントは、従来のCal.1570から毎時2万8800振動のCal.3000に変更された。また、風坊も硬化プラスチックからサファイアクリスタルヘと変更。

Ref.114270

高い精度と安定性を実現した新型ムーブを搭載

2001年にダブルブリッジのムーブメントCal.3130を搭載して発表されたのが、Ref.114270だ。デザインは従来のモデルとほとんど変わらないが風坊の6時位置に王冠マークの透かしが刻まれるようになった。

Back to Top