サブマリーナー

Submariner

完全防水の追求を続けてきたロレックスは、油田探索など世界の海底調査が活発化してきた1950年台、本格的なダイバーズモデルであるサブマリーナーを誕生させた。その存在は、誕生から半世紀以上の間、多くのモデルチェンジを重ね、常にロレックスのスポーツモデルの象徴ともいえる。

サブマリーナ

サブマリーナーとは

ダイビング

高い防水性を持つ

1926年にオイスターケースを発明して以来、ロレックスにとって「防水性」は他社の追随を許さない重要な技術分野だった。

ロレックスは1950年代になると、それまでに蓄積してきた防水性や耐久性など高度な技術をベースとして、プロフェッショナルのための特別な時計開発に乗り出していく。こうして完成したロレックス特殊モデルの第1号が当時としては「究極の防水時計」でもあったサブマリーナーだった。

高い防水性は海に潜るプロフェッショナルにとっては必要不可欠な機能。その防水性は技術の進歩によって高まっていき、初代サブマリーナーの100メートル防水性から始まり、現在では300メートルへと大きく進化している。

技術の進化によって防水性は向上

Ref. 防水性
Ref.6204~Ref.5508 100メートル
Ref.6200~Ref.5517 200メートル
Ref.14060~ 300メートル

回転ベゼルを備えた世界初の市販ダイバーズウォッチ

世界最初のダイバーズ軍用時計はパネライだが、潜水時間を測定するための回転ベゼルを備えた世界初の市販ダイバーズウォッチはサブマリーナーだ。

パネライ ルミノールマリーナ

市場に広く認知されていったサブマリーナーはダイバーズウォッチの先駆者にして象徴であり、ダイバーズウォッチの代表的なデザインにもなっている。そのため、世界の人々がダイバーズウォッチとして思い浮かべる時計は、サブマリーナーのような黒の文字盤にベゼルが付いた形状が最も多いだろう。

オメガ シーマスター

そして、世界中のブランドから多種多様なダイバーズウォッチが発売されているが、その多くはパネライのようなデザインではなく、サブマリーナーのような回転ベゼルがついたデザイン。最も機能性が要求される潜水用腕時計という分野の中で、サブマリーナーの機能的なデザインは現在でも魅力的なのである。

ダイバーズウォッチながらもビジネスにも使える

スーツ

想像を絶する水圧に耐えることができる圧倒的な堅牢性を誇っており、海中や洋上などの過酷な環境でも使用できるサブマリーナー。ロレックスの時計の中ではスポーツモデルに分類される。

カジュアルな装いに合うのは当然として、冠婚葬祭などフォーマルなシーンであっても、主張しすぎないデザインなので、スーツにもマッチする絶妙なデザイン。もちろんビジネスでも使える、カジュアルでもフォーマルでも両方で使用できる便利な一本だ。

サブマリーナーの歴史

1953年 サブマリーナーの誕生

サブマリーナーの初代モデルであるRef.6204。このモデルは100mの防水性能を搭載し、潜水時間を計測するための回転ベゼルが装備されていた。また同時期には、200m防水のRef.6200や、初代モデルと同じスペックのRel.6205なども存在していた。さらに1950年代半ばにはクロノメーター仕様のRef.6538が登場している。

Ref.5512

1950年代後半のRef.5512では、サブマリーナー初のリューズガードが装着される。同時に、ベゼルの操作性も向上しダイバーズウォッチとしての機能がより充実していった。

1960年 世界潜望記録がサブマリーナーの信頼性を高める

1960年にロレックス・オイスターの比類なき堅牢性を世界的に証明した、潜水艇トリエステ号の世界潜望記録樹立。この時、潜水艇の外側にオイスターの特殊モデルが装着され、1万908mの深海でも常に動き続けることを立証。この快挙がサブマリーナーへの信頼性を高めた。

Ref.1680

1960年代半ばにデイト付きのRef.1680が発表されて以後は、デイト付きはクロノメーター、デイトなしはノンクロノメーターという棲み分けがされるようになった。

1980年代 防水性は水深300メートルへと進化

1980年代に入り防水性能は水深300mへと進化。さらにベゼルにはダイバー達の安全を考慮して、潜水時間の計測ミスを防ぐための逆回転防止機構が付加され、カレンダー機能付きのサブマリーナーデイトにはクイックチェンジカレンダー機能が新たに搭載された。

2003年 50周年記念モデルの発表

Ref.16610LV

サブマリーナー誕生から50年を迎えた2003年には記念モデルとして、ロレックスのブランドカラーのグリーンをベゼルに用いたRef.16610LVが発表された。このモデルはその特徴的な緑色から「グリーンサブ」と呼ばれている。

2010年 ゼンマイが帯磁性に優れた素材に

Ref.116610

2010年にはムーブメントをCal.3135に変更してリニューアル。キャリバーナンバー自体は旧モデルと同じだが、ヒゲゼンマイが新しいタイプのパラクロムゼンマイに変更されている。このゼンマイは温度変化に強く、耐磁性にも優れる特殊素材から作られており、高い精度を誇る。

サブマリーナーの特徴

カレンダー付きとカレンダーなしの2種類が存在する

サブマリーナーデイト

サブマリーナー

サブマリーナーにはカレンダー付きの「サブマリーナーデイト」とカレンダーなしの「サブマリーナーノンデイト」の2種類が存在する。基本的にはサブマリーナーノンデイトのことをサブマリーナーと指すことが多い。

デイトとノンデイトの違いは、以前であればクロノメーターの有無という部分で異なっていたが、現在は両モデルともクロノメーター認定されており、基本的にはカレンダー機能がついているかどうか・カラーバリエーションモデルが複数あるかどうかの違い。定価はサブマリーナーデイトのほうが高い。

なお、サブマリーナーデイトは1965年に発表されたRef.1680からのものなので、それ以前のモデルはすべてカレンダー機能がついていないモデルである。

潜水時間を測定するための回転ベゼル

ダイバーにとって潜水時間は潜水時に絶対に必要な情報。サブマリーナーにつけられたベゼルは潜水時間を測定するためのもの。回転式のベゼルを回し基準となる三角印を分針に合わせておけば、潜水開始から何分経過したかがすぐに分かる。

Ref.16800以降のサブマリーナーのベゼルは逆回転防止ベゼル、文字通り一方向にしか回転しない。潜水時間が命に直結するダイバーにとっては潜水中に何かにぶつかるなどして動いてしまうと非常に危険だからだ。こうならないようベゼルには一方向しか動かないストッパーが備えられており、時計の分針とは逆方向にのみ回転しない作りになっている。

傷がつきにくいベゼルの素材

究極の高級実用時計を目指すロレックスは、長期間その美しさを維持するため、ベゼルの耐傷性向上にも取り組んでいる。初期の回転ベゼル上のインサートはプラスチック製だったが、1953年にはサブマリーナーの回転ベゼルはアルミニウム製に変更された。

2005年からは独自に開発・特許を取得した耐蝕性や耐傷性に優れた硬質なセラミック素材であるセラクロムベゼルが使われている。ベゼルは日常使用でも傷が付きやすい場所なので、セラクロムの採用は美観の維持という面からも心強い。

ねじ込み式リューズ

ねじ込み式のリューズと裏蓋を組み合わせたオイスターケースの特許をロレックスが取得したのは1926年。その後も改良を続け、1970年からは三重構造のパッキンを内蔵した「トリプロックリューズ」がサブマリーナーに標準装備された。

トリプロックリューズとはリューズ側とチューブ側に1つずつ設置されていたツインロックのパッキンをさらに1つチューブ側に追加して、より高い気密性を実現したもの。リューズのクラウン下にはトリプロックリューズの証として、3つの点が入っている。

夜光インデックスと指針

サブマリーナーの文字盤は一部特殊モデルを除き黒色や濃い青色など暗い色が用いられている。というのも、白い文字盤だと海中で光を反射して、周辺の魚を刺激しないように黒などの暗い色になっている。文字盤の黒色と、海底でも計の位置が読み取れる夜光インデックス&指針が組み合わさったデザインはダイバーズウォッチの定番デザインでもある。

使われている夜光インデックスは視認性を高めるために、大きめのドットインデックスを採用。さらに、発光塗料には、青色に光る発光塗料が採用されている。

黒い文字盤に大きめのインデックス、そして明るく光る発光塗料を用いることにより、昼夜を問わず視認性を高めている。

素材は904Lスチール

サブマリーナーのケースやブレスレットは素材にステンレススチールもしくはゴールドの素材を使っている。ロレックスはこのステンレススチールにもこだわっている。

高級時計ブランドのほとんどがステンレススチール素材に「316L」という素材を使用している。これはクロムの含有率が18%と多く、耐触性・耐アレルギー性・強度などに優れた高級素材。

以前はロレックスも「316L」を使っていたが、1985年に時計ブランドで初めて「904L」という素材を使用した。この素材は一般的なステンレススチールに比べ、クロムの含有率が高い(クロム含有率が21%)。また、316Lよりも耐触性に優れ、非常に堅牢な素材でもある。サブマリーナーもこの素材を使っている。

現行モデル

タイプ スポーツモデル
ムーブメント 自動巻き
防水 300m防水
ケース経 40mm
素材 ステンレススチール・ステンレススチール/イエローゴールド・イエローゴールド・ホワイトゴールド
ダイヤル 青・黒・緑
ブレスタイプ オイスターブレス
風防 サファイヤクリスタルガラス
振動数 28800振動
愛用者 武田真治・相川翔(Ref.116613LN)植松晃士(Ref.116618LN)大倉忠義(Ref.1680)蝶野正洋(Ref.116613LB)小渕健太郎・ダイアモンド☆ユカイ・矢部浩之・国分太一・ケンドーコバヤシ・草彅剛・小出恵介・今井翼・板尾創路・生田斗真・石橋貴明・藤岡弘・TAKAHIRO・藤原一裕・森田剛(Ref.116610LN)

サブマリーナー Ref.114060

高級感あふれるセラミックベゼルを搭載するノンデイトモデル

1953年に誕生したサブマリーナーの意匠を忠実に継承しながら、最新の時計製造技術が投入されたRef.114060。直径40mmの300m防水を誇るケースを備え、肉厚なラグと堅牢性の高いブレスレットを装備している。

セラミック製逆回転防止ベゼルは非常に硬度の高いセラミック素材なので傷がつきにくく、外観の美しさを長い間維持できる。また腐食や紫外線にも強いのも特長。

高級モデルに採用されていた一体型フラッシュフィットの搭載や、暗闇でライトブルーに光る夜光「クロマライト」、2mm刻みで最長20mmまで伸びるグライドロックエクステンション付きクラスプ装備など、ロレックスが持つ技術が集約された逸品。

モデル Ref.114060
ダイヤル
ケース素材 ステンレススチール
ブレス素材 ステンレススチール
ベゼル セラミック製逆回転防止ベゼル
ケース径 40mm
ケース厚 13mm
重量 159.3g
製造期間 2012年~
定価 ¥766,800

サブマリーナーデイト Ref.116610LN

機能性、デザインともに究極の完成度を誇るダイバーズモデル

サブマリーナーのデイトモデルであるRef.116610LNは、防水技術の進化における最先端位置に属するだけでなく、高級感と堅牢性も兼ね備えている優れもの。

ダイバーズウォッチを象徴するサブマリーナーの歴史を受けつぎながら、ベゼルには高硬度のセラミックを採用して耐傷性を高め、目盛りはプラチナで特殊コーティングを施し、視認性を向上。

ケースは直径40mmで肉厚なケースを採用。高い堅牢性を実現したブレスレットも同時に装備する。ブレスレットは中コマをソリッドパーツにすることで、従来よりも頑丈な作りを実現。

ムーブメントは1988年の発表以来、高い評価を獲得しているCal.3135で、ロレックスが5年かけて開発した優れた耐磁性と耐衝撃性を発揮するゼンマイを搭載している。

モデル Ref.116610LN
ダイヤル
ケース素材 ステンレススチール
ブレス素材 ステンレススチール
ベゼル セラミック製逆回転防止ベゼル
ケース径 40mm
ケース厚 13mm
重量 159.3g
製造期間 2010年~
定価 ¥874,800

サブマリーナーデイト Ref.116610LV

ロレックスカラーのグリーンが特徴的なモデル

サブマリーナー生誕50周年を記念して発表されたRef.16610LVは「グリーンサブ」の愛称で知られているが、その後継モデルがこのRef.116610LV。

ロレックスのブランドカラーであるグリーンをセラミックベゼルに採用し、文字盤にも光沢感のあるグリーンゴールドをPVD加工で着色。またブレスレットの中央コマは無垢素材を使用している。

機能面は通常のサブマリーナーと同じで、搭載ムーブメントはCal.3135。インデックスと時分針にクロマライト夜光を塗布しており、夜間でも高い視認性を誇る。

サブマリーナーデイト Ref.116613LB

金×青が映えるコンビモデル

「グリーンサブ」に並ぶ形でリリースされたRef.116613LBは通称「青サブ」と呼ばれるモデル。ダイバーズウォッチのスポーティー感に加え、美しい青の文字盤と随所に配した金色が高級感を引き立たせている。また、一般的なゴールドモデルに比べてギラギラした感じが抑えられているところもポイント。

ステンレススチール制のモデルにはない青のダイヤルは光の当たり加減によってきらきらと表情を変える仕上がりになってい る。

モデル Ref.116613LB
ダイヤル 青・黒
ケース素材 ステンレス/イエローゴールド
ブレス素材 ステンレス/イエローゴールド
ベゼル セラミック製逆回転防止ベゼル
ケース径 40mm
ケース厚 13mm
重量 173.3g
製造期間 2009年~
定価 ¥1,393,200

サブマリーナーの歴代モデル紹介

サブマリーナー Ref.6205

1953年頃に登場したセカンドモデル

一般的には、1953年に登場し翌年にバーゼルフェアで発表されたRef.6204がファーストモデルだと言われている。このRef.6205は、その初代とほぼ同時期に発表されたセカンドモデル。短針はペンシルハンド。100m防水。

サブマリーナー Ref.6538

大型リューズを採用したモデル

Ref.6536とほぼ同時期に発表され、ムーブメントも同じCal.1030を搭載しているが、こちらはクロノメーター仕様。防水性能も100mから200mへと向上。また、最大の違いは8mm経の大型リューズを備えている点だ。

サブマリーナー Ref.6536

Cal.1030を搭載して登場

Ref.6205はCal.A296を搭載したセミバブルだったが、1956年頃に登場したRef.6536には両方向回転式のCal.1030が搭載された。短針もベンツ針となり、回転ベゼルには15分まで1分刻みで目盛りが入るようになった。

サブマリーナー Ref.5508

高性能ムーブメントのCal.1530を搭載

Ref.6536の後継モデルとして1958年頃に登場。ムーブメントはノンクロノメーターのCal.1530に変更されている。100m防水。

サブマリーナー Ref.5512

ダイバーズモデルとしての堅牢性をより強化

リューズガードを装備し1959年頃に登場。防水性能はRef.5510を引き継ぎ200mとなっている。ムーブメントは当初はCal.1530を搭載していたが、後にCal.1570に変更。一般的にはRef.5512はクロノメーター仕様となっている。

サブマリーナー Ref.5513

ノンクロノメーターの廉価バージョン

Ref.5512の廉価版として1960年代前半に登場。数多くのモデルがあるサブマリーナーの中でも大定番のこのモデルは、英国海軍へ正式に採用されるなどエピソードも多い名機。

両方向回転ベゼルやリューズガードを備えた200m防水に加え、ダイビングスーツの上からでも装着しやすいエクステンションリンクなど、現行にも通じる基本機能を確立したモデル。リューズガードを備えたことでダイバーズウォッチの屈強なスタイルを確立し、サブマリーナー史上、最も長く生産されたロングセラーモデルとして現在の中古買取市場でも人気が高い。

サブマリーナーデイト Ref.1680

サブマリーナー初のデイト付きモデル

デイト表示を装備して1960年代半ばにサブマリーナー初のデイト付きモデルとして誕生。搭載ムーブメントは、Cal.1570にカレンダー機能を加えたCal.1575。3時位置の日付表示に、通常の2.5倍の大きさに拡大するサイクロップレンズやエクステンション機構付きブレスなど、多くの機能を備える。

この初期生産分のモデル名表記が赤い「赤サブ」は希少モデル。近年、流通量も減っていることから相場が高騰。入手が難しいモデルとして話題を集めている。もちろん、買取価格も非常に高い。

サブマリーナーデイト Ref.16800

ダイバーズとしての機能が飛躍的に進化

1980年頃に登場したデイト付きモデルの第2世代。風坊は強化プラスチックからサファイアクリスタルに変更。ムーブメントはクイックチェンジカレンダーを装備したCal.3035を搭載。ベゼルにも逆回転防止機能が装備された。

サブマリーナーデイト Ref.16610

究極のダイバーズウォッチとして完成

デイト付きクロノメーター仕様のRef.16800の後継として1989年に登場。歴代サブの基本デザインを継承しながら、ムーブメントがCal.3135に変更され、安定性とメンテナンス性を向上させた。

アルミ製ベゼルシールにシンプルなバックルのブレスレットを装備。武骨な雰囲気が魅力の一本である。

サブマリーナー Ref.14060

300m(1000フィート)の防水性能に

サブマリーナーは1990年に現行にもつながる性能を獲得していく。その代表的な例が300m(1000フィート)の防水性能や、潜水時間の誤読を防ぐ逆回転防止式のベゼル、そして傷に強いサファイアクリスタル風防である。

Ref.14060は現行品として販売されていた当時、夜光をトリチウムからスーパールミノバへと変更している。そのためトリチウム夜光タイプとスーパールミノバ夜光タイプの2タイプのサブマリーナーが存在する。

サブマリーナー Ref.14060M

アルミ製ベゼルの最終モデル

アルミ製ベゼルインサートの最終モデルがRef.14060M、サブマリーナーノンデイト。デイトなしはノンクロノメーター。デイト付きはクロノメーターという違いがある。

先代のRef.14060からムーブメントがノンクロノメーター仕様のCal.3130に変更。安定性、メンテナンスのしやすさ、巻き上げ効率が飛躍的に向上した。

ちなみにCal.3130は2007年頃からCOSC認定クロノメーター化され、そのタイミングでRef.14060Mも若干の変更が加えられた。クロノメーター認定の表記がダイヤルに入り、インナーリングにルーレット刻印も入った。

歴代モデル一覧表

Ref. 製造開始 製造終了 防水性 その他
6204 1953 1954 100メートル
6205 1954 1955 100メートル
6538 1955 1959 200メートル
5510 1957 1958 200メートル
5508 1958 1962 100メートル
5512 1959 1977 200メートル
5513 1962 1990 200メートル
5514 1968 200メートル
14060 1990 2000 300メートル
14060M 2000 2012 300メートル
114060 2012 300メートル
1680 1965 1980 200メートル デイト
16800 1979 1988 300メートル デイト
168000 1985 1988 300メートル デイト
16610 1988 2010 300メートル デイト
16610LV 2003 2010 300メートル デイト
116610LN 2010 300メートル デイト
116610LV 2010 300メートル デイト
Back to Top