サブマリーナ

Submariner

完全防水の飽くなき追求を続けてきたロレックスは、油田探索など世界の海底調査が活発化してきた1950年台、本格的なダイバーズモデルであるサブマリーナを誕生させた。

ダイバーズモデルの雄として生まれたサブマリーナは、1953年の誕生から半世紀以上の間、多くのモデルチェンジを重ね、常にロレックスのスポーツモデルの象徴的な存在だ。

サブマリーナ

サブマリーナの魅力

多くのリファレンスを有するモデル

1926年にオイスターケースを発明して以来、ロレックスにとって「防水性」は、他社の追随を許さない重要な技術分野だった。

ロレックスは1950年代に入り、それまでに蓄積してきた防水性や耐久性など高度な技術を元に、プロフェッショナルのための特別な時計開発へと積極的に乗り出していく。こうしたロレックス特殊モデルの第1号が、当時としては「究極の防水時計」でもあったサブマリーナだった。

さて、サブマリーナの系譜を辿っていくと、これほどまでに多くのリファレンスが存在するモデルもない。とくに初期頃は頻繁にモデルチェンジが行われ、試行錯誤を繰り返しながら進化していった足跡がうかがえる。そんななか、現在、ファーストモデルと考えられているのがRef.6204だ。

サブマリーナファーストモデルの誕生

Ref.6204は100mの防水性能を搭載し、潜水時間を計測するための回転ベゼルが装備されていた。ちなみに回転ベゼルは、すでに1950年頃に製作されていたターノグラフで初めて搭載されたもので、このターノグラフの登場もサブマリーナ誕生の試金石となっている。

また同時期には、200m防水のRef.6200や、ファーストモデルと同スペックのRel.6205なども存在していた。さらに1950年代半ばにはクロノメーター仕様のRef.6538が登場。

Ref.5512

1950年代後半には、Ref.5512で初めてリューズガードが装着されるようになる。同時に、ベゼルの操作性も一段とアップさせるなど、ダイバーズとしての機能がより充実していった。

世界潜望記録がサブマリーナの信頼性を高める

この頃、ロレックス・オイスターの比類なき堅牢性を世界的に証明した重要なトピックがあった。1960年、潜水艇トリエステ号が世界潜望記録を樹立。この時、潜水艇の外側にオイスターの特殊モデルが装着され、1万908mの深海でも逐一動き続けることを立証したのだ。この快挙が、サブマリーナへの信頼性を高める結果になったことは言うまでもない。

防水性は水深300mへと進化

Ref.1680

1960年代半ばにデイト付きのRef.1680が発表されて以後は、デイト付きはクロノメーター、デイトなしはノンクロノメーターという棲み分けがされるようになった。

1980年代に入り、防水性能は水深300mへと一気に進化。と同時に、ベゼルにはダイビングタイムの計測ミスを防ぐための逆回転防止機構が付加され、クイックチェンジカレンダー機能が新たに搭載された。

Ref.16610LV

そしてサブマリーナ誕生から50年を迎えた2003年には、アニバーサリーモデルとしてベゼルにブランドカラーのグリーンを用いたグリーンサブRef.116610LVが発表された。

ブラッシュアップによって実用性がさらに向上

2010年にリニューアル登場を果たしたのはRef.116610。搭載されたムーブメントは、Cal.3135。

Ref.116610

キャリバーナンバー自体は旧モデルと同じものだが、現行のデイトナから初めて採用になったことでも知られる新ヒゲゼンマイに変更されている。これは、パラクロムという温度変化に強く、耐磁性にも優れるという特殊素材から作られているもので、精度への信頼性がさらに高められている。

外装部分の変化としてはケースの大きさだ。ケース径自体は40ミリと変わっていないものの、ラグ部分に厚みをもたせ、さらにはリューズガードも大型化が図られていることで、確実に旧モデルよりも堅牢性が高められている。

セラミックベゼルの改良

また、同じく堅牢性という点でいえば、セラミックベゼルの改良が最も高い評価を集めている。GMTマスターⅡと同様にベゼルは頻繁に動かす部分でもあり、装着時にぶつけることも多く、いちばん傷を付けやすい場所といえる。そこに硬質で傷が付きにくいセラミック素材を使うことで、傷を心配せずに使えることはもちろん、長い間外見の美しさを保つことができるため人気だ。

また、回転ベゼルの機構自体にも改良が加えられた。下からシメを出す方式の新しい仕様で、ベゼル自体が浮いた構造になっているため、回したときの動きも滑らかでクリック感がさらに心地よいものになっている。

このほかにも、大きめのドットインデックスが採用。そのインデックスには、新たにルミネッセンスにクロマライトという物質を加えたブルーに光る新しい発光塗料(エクスプローラーⅡと同じ)も採用されている。昼夜を問わず視認性も向上させるなど、性能、使い勝手などでかなりの部分でブラッシュアップされていることがわかる。

サブマリーナ基本スペック

タイプ スポーツモデル
ムーブメント 自動巻き
防水 300m防水
ケース経 40mm
素材 ステンレススチール・ステンレススチール/イエローゴールド・イエローゴールド・ホワイトゴールド
ダイヤル 青・黒・緑
ブレスタイプ オイスターブレス
風防 サファイヤクリスタルガラス
振動数 28800振動
価格帯 \810,000~\3,585,600
愛用者 武田真治・相川翔(Ref.116613LN)植松晃士(Ref.116618LN)大倉忠義(Ref.1680)蝶野正洋(Ref.116613LB)小渕健太郎・ダイアモンド☆ユカイ・矢部浩之・国分太一・ケンドーコバヤシ・草彅剛・小出恵介・今井翼・板尾創路・生田斗真・石橋貴明・藤岡弘・TAKAHIRO・藤原一裕・森田剛(Ref.116610LN)

現行モデル

サブマリーナ Ref.114060

モデル Ref.114060
ダイヤル
ケース素材 ステンレススチール
ブレス素材 ステンレススチール
ベゼル セラミック製逆回転防止ベゼル
ケース径 40mm
ケース厚 13mm
重量 159.3g
製造期間 2012年~
定価 ¥766,800

サブマリーナ Ref.116610LN

モデル Ref.116610LN
ダイヤル
ケース素材 ステンレススチール
ブレス素材 ステンレススチール
ベゼル セラミック製逆回転防止ベゼル
ケース径 40mm
ケース厚 13mm
重量 159.3g
製造期間 2010年~
定価 ¥874,800

サブマリーナ Ref.116613LB

モデル Ref.116613LB
ダイヤル 青・黒
ケース素材 ステンレス/イエローゴールド
ブレス素材 ステンレス/イエローゴールド
ベゼル セラミック製逆回転防止ベゼル
ケース径 40mm
ケース厚 13mm
重量 173.3g
製造期間 2009年~
定価 ¥1,393,200

サブマリーナ Ref.116618GLN

モデル Ref.116618GLN
ダイヤル ブラック8Pダイヤ
ケース素材 イエローゴールド
ブレス素材 イエローゴールド
ベゼル セラミック製逆回転防止ベゼル
ケース径 40mm
ケース厚 13mm
重量 229.3g
製造期間 2008年~
定価 ¥3,499,200

旧モデル

Ref.6205

1953年頃に登場したセカンドモデル

一般的には、1953年に登場し翌年にバーゼルフェアで発表されたRef.6204がファーストモデルだと言われている。このRef.6205は、その初代とほぼ同時期に発表されたセカンドモデル。短針はペンシルハンド。100m防水。

Ref.6536

ロレックス渾身の新ムーブCal.1030を搭載して登場

Ref.6205はキャリバーA296を搭載したセミバブルだったが、1956年頃に登場したRef.6536には両方向回転式のCal.1030が搭載された。短針もベンツ針となり、回転ベゼルには15分まで1分刻みで目盛りが入るようになった。

Ref.6538

デカリューズ採用の通称ボンド・モデル

Ref.6536とほぼ同時期に発表され、ムーブメントも同じCal.1030を搭載しているが、こちらはクロノメーター仕様。防水性能も100mから200mへとアップした。また、最大の違いは8mm経の大型リューズを備えている点だ。

Ref.5508

高性能ムーブメントのCal.1530を搭載

Ref.6536の後継モデルとして1958年頃に登場。ムーブメントはノンクロノメーターのCal.1530に変更されている。100m防水。また、同じ時期にはRef.6538の後継モデルとして、200m防水のRef.5510も発表されている。

Ref.5512

ダイバーズとしての堅牢性をより強化

リューズガードを装備し1959年頃に登場。防水性能はRef.5510を引き継ぎ200mとなっている。ムーブメントは当初はCal.1530を搭載していたが、後にCal.1570に変更。一般的にはRef.5512はクロノメーター仕様となっている。

Ref.1680

サブマリーナ初のデイト付きモデル

デイト表示を装備して1960年代半ばに登場。ムーブメントは、クロノメーター仕様のCal.1570にデイト機能を加えたCal.1575を搭載。風防のデイト部分には、表示を約2.5倍に拡大するサイクロプスレンズが採用された。

Ref.5513

ノンクロノメーターの廉価バージョン

Ref.5512の廉価版として1960年代前半に登場。当初はノンクロノメーター・ムーブメントのCal.1520、後にCal.1530を搭載。Ref.5512がRef.1680へと受け継がれたのに対し、Ref.5513は1989年頃まで製造された長寿モデルだった。

Ref.16800

ダイバーズとしての機能が飛躍的に進化

1980年頃に登場したデイト付きモデルの第2世代。風坊は強化プラスチックからサファイアクリスタルに変更。ムーブメントはクイックチェンジカレンダーを装備したCal.3035を搭載。ベゼルにも逆回転防止機能が装備された。

Ref.16610

究極のダイバーズウォッチとして完成

デイト付きクロノメーター仕様のRef16800の後継として1989年に登場。ムーブメントが最新のCal.3135に変更になった。ベゼルの逆回転防止機能、サイクロプスレンズ、300m防水など、スペックは旧モデルと変わりない。

Ref.14060M

サブマリーナのノンデイトモデル

Ref.5513の流れを受け継いだのが、1989年頃に登場したRef.14060Mだ。防水性能は300m。デイトなしはノンクロノメーター。デイト付きはクロノメーターのという違いがある。
Back to Top