故障例と修理費用の一例

Major troubles and examples of repair cost

ここではよくある症状とその原因をまとめているが、頑強なため不具合が実感しにくいロレックスでは、こうしたトラブルに気付いたときには、ほかの腕時計以上に大きな問題に発展しているということも少なくない。信頼性の高いロレックスこそ、定期的なメンテナンスが重要。もし、思い当たる節があるなら、早急にプロのメンテナンスを受けたほうが良いだろう。

故障例と修理費用の一例

不具合を発見したら早急にプロへ相談すべき

不具合
ロレックスの腕時計はケースからムーブメントに至るまで、クオリティの高い素材、そして耐久性に優れた設計のために高級機械式腕時計としては驚くほど頑強に作られている。

ゆえに、一般的なオーバーホールの目安といわれる3~4年を超えても、購入時と変わらぬ優れた精度を発揮していることが多い。だからこそ、ユーザーは実用の高級時計として安心して着けることができるわけだが、反面、こうした信頼性の高さがロレックスに対する過剰な過信を生み、ハードな扱いにも繋がっているようだ。

ここではよくある症状とその原因をまとめているが、頑強なため不具合が実感しにくいロレックスでは、こうしたトラブルに気付いたときには、ほかの腕時計以上に大きな問題に発展しているということも少なくない。信頼性の高いロレックスこそ、定期的なメンテナンスが重要。もし、思い当たる節があるなら、早急にプロのメンテナンスを受けたほうが良いだろう。

また、目に見えてその症状がわかる外装のトラブルは、使用するうえでも大きな影響を及ぼす。ムーブメントのトラブル同様、手遅れとなる前に早急な対応が欠かすことができない。

時計がすぐに止まってしまう

止まってしまうという症状は結構起こる。軽度のものは潤滑油の劣化、乾燥が原因で、オーバーホールの基本メニューで済む場合が多い。

だが、これを放置して無理に使用を続けると歯車の摩耗が進行してしまう。次第にパーツが焼き付きを起こして多くのパーツヘダメージが広がり、まったく動かなくなってしまうことも。こうなるとパーツの交換費用も高くなる。

原因

  • 潤滑油の劣化
  • 歯車の摩耗

修理料金の目安 1万円~

摩耗したパーツは交換が必須。安くても1万円以上、交換パーツが増えればさらに費用は膨らんでいく。もちろん、オーバーホール作業も必須。

時間の遅れや進みが激しい

極端に時間の遅れや進みがある場合、さまざまな原因が考えられるが、ひとつにはヒゲゼンマイに異常が起きている可能性が高い。ヒゲゼンマイは中心軸からキレイな同心円を描くが、これが崩れると精度に大きな影響を及ぼす。

最近のモデルでは磁気に強い素材が使われているが、完全に磁気の影響を防げるわけではないので、磁気帯びも考えられる。

原因

  • ヒゲゼンマイの異常
  • 磁気帯び

修理料金の目安 3000円~

磁気帯びなら磁気抜き対応だけで済むことも。その場合は、約3000円から。一方、ヒゲゼンマイに異常がある場合はオーバーホールが必要に。

ゼンマイが正常に巻けない

リューズでゼンマイを巻いたときやローターを回転させたときに、通常感じられるカリカリとした感触がない場合は、動力の主ゼンマイが切れているか、角穴車の歯が破損していることが考えられる。

また、リューズ自体が巻けない、重いという場合はリューズや巻き芯の歪みも考えられる。いずれにせよ、パーツ交換の可能性が高いので注意したい。

原因

  • ゼンマイ切れ
  • 角穴車の欠損

修理料金の目安 4000円~

ゼンマイ切れ、角穴車の破損、どちらの場合もオーバーホール作業は必須。もちろんパーツ交換が必要となるが、目安はおよそ4000円から。

時計が急に動かなくなった

徐々にではなく、それまで問題なく動いていたのに急に動かなくなった場合は、おそらく自身でも原因に思い当たる節があるのではないだろうか。

ゼンマイが切れたり、輪列に異常があるとこうした症状があらわれるが、時計を落としたり、強くぶつけたりすることに直接的な原因がある場合が多いからだ。

原因

  • 駆動系輪列の異常
  • ゼンマイ切れ

修理料金の目安 1万円~

何が原因かを突き止める必要があるため、オーバーホール作業は必須。原因によって異なるが、部品代だけでも1万円ほどは覚悟したほうがいい。

内部からカタカタ音がする

内部でカタカタとおかしな音がしている。こんなときは、ネジが緩んではずれていたり、ルビーが割れているということが考えられる。

経年劣化でネジが緩んでくることがあるほか、ルビーの破損などは強い衝撃が加わったことも考えられる。ルビーは軸受けに使われているので、パーツを正しく支えられないと他パーツへの影響も懸念される。

原因

  • ネジの緩みや脱落
  • ルビーの破損

修理料金の目安 1万円~

破損部品創作の必要があるため、オーバーホールは必須。ルビー破損の場合は、箇所によって入手が難しいため、メーカー対応となる場合も。

風防の内側が曇っている

風防の内側が曇っている。こんな症状に見舞われたら、いち早い対応が必要だ。ドライヤーを当て、水分を逃がすことで解消できることもあるが、あくまでも応急処置。根本的にはパッキンの劣化などで防水性を保てないことが原因として多い。

放っておくと、水分がムーブメントを浸食してサビを発生させ、最悪の場合、手の施しようがなくなることも。

原因

  • パッキンの劣化
  • リューズの歪み

修理料金の目安 31,500円~(オーバーホール費用として)

内部に水や湿気が入った場合、早急な処置が必要なためオーバーホールが欠かせない。リューズ交換などが発生すると、費用も大きく膨らむ。

風防が割れてしまった

ロレックスに限らず近年の腕時計は、風防にサファイアクリスタルを使用している。ダイヤモンドに次ぐ硬度を誇るが、衝撃にはそれほど強くない。落としたり、強くぶつけたりすると粉々になってしまう。

強い衝撃が加わっているということは、内部への影響も危惧されるので、早急なメンテナンスが必要となる。

修理料金の目安 18,000円~

風防の破片が内部にまで浸入している恐れがあるため、オーバーホール作業は必須。文字盤や針にもダメージがある場合は、メーカー対応となる恐れも。

ベゼルが欠けてしまった

旧型のサブマリーナではアルミニウムのインデックスリングをもつベゼルを採用していた。アルミニウムは軽量かつ耐食性をもつが、強度に関してはそれほど高くない。

そのため、堅いものにぶつけたりすれば、ちぎれたような穴があいてしまう。見栄えも悪いが、放って置けば水の浸入の原因にもなりかねない。

修理料金の目安 20,000円~ 

基本的には入手不可でメーカー対応だが、モデルによっては入手可能なケースもあり、 深い傷を外装仕上げにした場合の金額。

深い傷はある程度までなら目立たなくできるが、深すぎる場合は対応が難しくなる。年代によっては入手不可能なため、メーカー対応になることが多い。ただし、メーカー対応場合は、仕様が変更されてしまう場合もある 。

ケースやブレススレットに深いキズが付いた

比較的堅いステンレススチールといえど、日常的に使用していると細かな擦りキズや打痕が付きやすいというのが実感できる。細かなキズであれば、磨くことでキズを簡単に消せるが、深いキズは少し厄介。

消すには深く磨かなければならず、形状が変わってしまう。寿命を大幅に縮めるほか、こうした深いキズはサビも発生しやすい。

修理料金の目安 10,000円~

深いキズは残るが、部分仕上げで対応可能な場合もあり、その場合はおよそ1万円から。どうしても気になる場合は、メーカーでの交換を余儀なくされる。

ブレスレットが切れてしまった

削り出しの無垢素材のブレスも接合にはピンが使われているので、ピンがダメになればコマはバラバラになる。特に旧型は無垢ではなく、巻きコマや中空タイプのコマを使用していたので、耐久性はいまほど高くない。

切れ方によっては腕に着けることができなくなってしまうのである意味、最も厄介なトラブルだ。

修理料金の目安 10,000円~

切れている部分や外れたコマは揃っているかなど、いくつか条件があるが、部分的には修理可能なことも。その場合は、1万円ぐらいから対応が可能。

リューズが取れてしまった

リューズはゼンマイを巻く以外にも、時刻、日付け合わせにも使うために負荷がかかりやすく、リューズの脱落は多く見られる不具合のひとつ。

リューズが取れてしまうと、まったく操作ができなくなってしまうだけでなく、防水性も維持できない状態となるため、水分やホコリによってムーブメントを劣化させる厄介なトラブルだ。

修理料金の目安 38,000円~

オーバーホールが基本だが、内部に不具合が見られない場合は部分修理可能なことも。ただ、部品代と工賃で最低でも上記の金額はかかってしまう。

他にもこんな症状や故障も

文字盤&風防の痛みが目立つ

文字盤の焼け痕はアンティークならではの味わいだが、風防のガタツキは湿気が内部へ浸入してしまうので、早めに手を打つべし。

文字盤の傷みが気になりだしたら

日焼けなどで変色したり、ひび割れたり、小穴が開くなどの文字盤の劣化はごく一般的なこと。多くは表面の塗料に発生したトラブルで、これが広がって地板やムーブに悪影響を及ぼすことはない。

風防がガタついてきたら

ロレックスの風防はオイスターケースに対応した高気密性規格。しかしユーズドの中には、規格外の風防に付け替えられていることがあり、この規格外の風防であることがガタつきの原因のほとんど。文字盤に水分が侵入する前に、交換した方がいい。

針が外れてしまったら

落下などによる外部からの強い衝撃が原因で針が外れることがよくある。外れた針が文字盤を傷つける恐れがあるので、早めに修理に出した方がいい。なるべく衝撃は与えないように、日頃から気をつけよう。

リューズがねじ込めできなくなってきたら

スクリューロック(ねじ込み)式リューズを採用しているモデルは、ネジ山が磨耗してしまったら修理が必要。修理に出すまで、無理な引き出しや押しこみ、乱暴な巻上げをくれぐれもしないように。

プッシュボタンが固くてうまく押せなくなったら

主な原因として、プッシュボタンとケースの間にゴミが入り込んでいるか、あるいはボタンに連動したバネが折れているか、外れている。

またはムーブメントの一部の損傷も考えられるので、こういう場合は無理な扱いをせずに、とにかく修理に出すことが先決。

リセットを押してもクロノグラフ針が元に戻らなくなったら

針のはかま部分に亀裂が入っているか、シャフトのズレが考えられる。この場合は針交換で解決できるが、リセットのたびに戻る位置が違う場合は、ハートカム周辺のトラブルが考えられるので注意。

海中でプッシュボタンを押して故障したら

デイトナのクロノグラフ機能は海水では使用できない。万一海中でボタンを押してしまった場合おそらくケース内に海水が侵入しており、ム一ブメントが真っ茶になっているかもしれない。真水であれば、すぐに修理すれば助かる可能性もある。

具体的な修理費用を知りたい場合は

故障の理由によって修理費用は様々。上記ではあくまで一例の費用なので、具体的な修理費用については専門店に出してもらう必要がある

日本ロレックス公式修理業者に頼むのが最も確実だが、価格が高いのが難点。価格を安く抑えたいのであれば修理専門業者に頼むのも一つの手だ。

インターネットでは様々な修理専門業者があり、郵送だけで見積もりができ、お店に行かなくて済むので忙しい人にはよいだろう。

例えば千年堂 では無料で修理見積をしてくれ、費用に納得がいかない場合は、見積もり後に修理依頼しなくても大丈夫なので一度修理費用を出してもらってもいいだろう。

Back to Top